看護師の転職先は病院以外にもたくさんある?

今日のところ、日本ではインドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人看護師候補生の受け入れを実施中です。
とは言え、日本語で作製された看護師の国家試験を受験し、もし、3年以内に受からなかった場合、帰国する必要があります。
就労と日本語の勉強と同時に、国家試験のための勉強を行う必要があり、とても難しい状況であると言っても過言ではないでしょう。
他業界の労働者と看護師を収入の面で比較してみると、年間を通した平均収入の額ですと明らかに看護師の方が多いです。
看護師不足に陥っている医療機関は少なくはなく需要が途切れることなくありますよねー★そのため、景気に関係なく、収入が安定しているといった得難い長所もあるわけです。
さてそんな看護師ですが、給料は良いものの、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、働きやすい良好な環境にいる看護師は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。
辞めたいと思っている看護師は、実際、とても多い数になっています!!!大きな訳としては、厳しい仕事内容で体調を崩したり、給料に満足していなかったり、複雑な人間関係で精神的に悩んでしまったりという事が多いです。
看護師の初任給は決して高くはないです。
実際に入院してみて看護師の仕事ぶりをみていると、多くのサポートが必要な患者が入院治療中でなければ、勤務時間内で一定の作業をするだけですが、その仕事内容も実はかなりキツイのです。
重病な患者が入院している場合には、ますます多忙となってしまい、精神的にもキツイことになるでしょう。
看護roo!サイトの中にある対象が看護師のコミュニティサービスも、経験豊富な先輩看護師からの助言や看護師同士の気になる話題が網羅されていて、すごく人気です。
また、看護師の疑問や質問、それに対する回答もコミュニティでわかるので、たいへん参考になりますね。

看護師転職で志望動機どう答える?事前に面接対策【病院を選ぶ理由は?】