住宅ローン相談は土日もやっている?

みずほ銀行では予約が必要ですが、平日夜間や休日にも、住宅ローン相談会を各支店で定期的に開催しています。

各支店で開催日が異なりますので、お近くの支店で確認されてみてください。

また個別の住宅ローン相談無料は各支店で平日9時00分から15時00分間で受け付けており、住宅ローンに関するさまざまな相談をすることが可能です。

この個別の住宅ローン相談無料はウェブサイトから予約することができます。

さらにみずほ銀行ではローンコンサルティングスクエアというものがあり、毎週水曜・金曜は20時まで営業していますので、会社帰りにも立ち寄ることが可能です。

このようにみずほ銀行では相談会は土日もやっているものの、各支店での個別の住宅ローン相談をしたい場合には問い合わせてみる必要があります。

住宅ローンを探す際に重要なことがあります。

例えば、繰り上げ返済が簡単に行えることです。

なぜかというと繰上げ返済を進めれば進めるほど元本も利息もガンガン減っていきます。

結果として支払期間が短縮された期間の利息分少なくなったり、支払期間が短くなります。

そのため、手続きをネットで簡単に行えることや繰上げ返済額が一円以上からなのか1万円以上から可能なのかを確認して選びましょう。

ひとつ気をつけたいのが、繰上げ返済のしすぎで家計が苦しくなってしまっては本末転倒なので余裕を持って行うようにしましょう。

住宅ローン借り換えを行うときもこの部分のチェックは大切です。

皆さんは住宅ローンを組んだ際に頭金を支払いましたか?頭金を用意しなくてもローンは組めますがそうすると月々の返済額が高くなります。

そのため、ローンの総返済額を減らそうと住宅ローン借り換えを行う人もいます。

稀に、「1度ローンを組めたから借り換えも大丈夫」と考えている方もいるようですが審査に落ちることもあります。

例えば、借り換え時の審査では、最初の審査の時よりも物件の担保評価額が中古扱いになり価値が下が流ので予定していた金額で借入れできないことや住宅ローン以外に複数のローンを抱えていて落ちることがあります。

年収や職場に変更がなくてもこういった面で引っかかることがあります。

住宅ローンを組む際に固定金利のフラット35を利用した方の中には全期間固定金利だから完済まで放置するものという認識はありませんか?実は借り換え融資プランもあるので住宅ローン借り換えをフラット35からフラット35へ行うとお得な場合も多くなっているんです。

基本的には金利差が0.3%あればお得になります。

よく借り換えの例にされているのが固定金利から低金利な変動金利に換えるというケースです。

変動金利だと固定に比べて1%から2%低く設定されていることが多いので一見お得に感じますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

しかし固定金利なら金利変動リスクの心配はありません。

住宅ローン借り換えを行う場合、様々な手続きが必要です。

例えば抵当権設定・抹消登記なども行う必要があります。

登記手続きなどの実務自体は司法書士が代わりに行いますが司法書士を選ぶ権利は申込者側に原則あるので金融機関指定の司法書士以外に自分で選ぶこともできます。

借り換えを行う方は司法書士の知り合いがいないことが多いので金融機関の指定する司法書士にお願いすることも多いです。

司法書士を自分でも選べるかどうかは金融機関へ確認してください。

他にも申し込み段階で準備する書類や手続きも多いので借り換えメリットと比べて行わないという決断もありです。

家計の悩みになりがちな住宅ローンの返済ですが現在組んでいるローンの金利よりも低いローンが見つかったらそちらに変えたいですよね。

ただ、低金利という部分だけを目当てに変えるのはやめましょう。

住宅ローン借り換えは他のローン借り換えとは違い登記などで様々な費用がかかってしまうので、かかる費用も計算したら変えるほどのメリットがない場合もあります。

そのため、WEB上の借り換えシミュレーションを利用してメリットがあるかを確認しましょう。

借り換えを行うのによいタイミングとして言われているのが、借り換えメリットが月収以上や50万円以上になった時です。

住宅ローン借り換えとは、借り換え先の銀行Bからお金を借りて、現在借入中の銀行Aに完済することで債務を借り換え先に移すことです。

借り換えに関しては借入中の銀行機関の承諾は必要ないので理論上では100回でも借り換えを行なっても問題はありません。

ただ、なにかしらのメリットがあるから借り換えを行うわけです。

そのため、大半の人は1回限りで終わります。

1回限りと言われるとべストな時期に借り換えをしたいですがベストなタイミングは誰にも予測できません。

そのため、借り換えの時期とよく言われているのがそのため、借り換えメリットが月収以上の金額になったときがオススメのタイミングです。

1度組んだ住宅ローンを他のローンにする住宅ローン借り換えですが最初の申し込みで組めたから借り換えする時も大丈夫と楽観的な人もいるようです。

しかし、借り換えの審査に通らない場合もあります。

職場や年収に変更がなければほぼ審査に通りますが転職して全然違う職種になっている、年収が下がっている場合は気をつける必要があります。

特に年収が変わっていなくても最初の住宅ローンの申請時は新築扱いだった物件の担保評価が中古物件扱いになるので予定していた金額を借り入れることができない場合もあります。

他にはカードローンや自動車ローンなど別のローンを複数抱えている場合も年収に対してのローン額が増えていると通らない可能性があります。

住宅ローン借り換えに関して調べていると気になる事実を発見しました。

それは、現在住んでいない住宅の場合は住宅ローンが組めないということです。

どういった場合にそういったことが当てはまるかというと転勤することになって賃貸料と二重になってキツイので、金利の低いローンに変更して支払額を抑えようと思ったときです。

なぜ借り換えが出来ないかというと、住宅ローンという制度は自身もしくはその家族が住むための住宅取得資金を対象にしているからです。

そのため、他の金融機関を探しても借り換え前よりも良い条件の金融商品は見つからないと思います。

離婚で別居する際なども家族扱いにならないので同じことが言えます。

行うとほとんどの人が得すると言われる住宅ローン借り換えですが借り換えはいつから可能なのでしょうか。

参考:住信SBIネット銀行住宅ローン借り換え口コミは?【審査甘い?】

最短はわかりわからず半年から行っている場合もあるようですが、例として、フラット35の借り換えを利用する際の条件では、申込日前日までの1年間返済を滞りなく進めている方という項目があり、他の銀行機関もほぼ同様の審査基準と考えたほうが良いです。

また、住宅ローンの借り換えには手数料が必要になったり新規の借入と違い担保となる住宅が中古物件扱いになることから審査が通りにくくなります。

新規の借入時よりも金利が低くなっていればメリットはありますが、最低でも1年以上返済をした後に検討しましょう。

最近、ネット銀行などでは非常に低い住宅ローン金利を設定している場合があり、住宅ローン借り換えを検討する人も多いのではないでしょうか。

その際、夫婦でローンを組んでいるケースでは相続税に注意が必要です。

どういった場合にこんな状況が発生するかというと最初にローンを組んだ時に夫婦共有持分として契約していたのが実際は夫が全額返済しているため借り換え時に夫の単独名義になる問題が出てきます。

こういった連帯債務の借り換えには金利以外の税負担が起きる可能性があるため、税理士や金融機関に相談してください。

場合によっては、不動産登記などの諸費用と贈与税の負担を比べて借り換えをしないほうがいい場合もあります。